読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIN@SAPPOROWORKSの覚書

C#を中心に、夜な夜な試行錯誤したコードの記録です。

Xamarin.Android ダイアログ表示

【 Xamarin 記事一覧 】
まずは、基本?という事で各種のダイアログを表示してみました。

1 確認ダイアログ

001

AlertDialogのコンストラクタは全部protectedになっていて、直接使用することはできないので、AlertDialog.Builderを使用するようです。

WindowsのMessageBoxによく似ていますが、モーダルでは無いことに注意が必要です。
いろいろ試してみましたが、モーダルのようにスレッドを待機させる書き方は、Androidにはなじみにくいようです。(特にUIスレッドは絶対に止められない)

var dlg = new AlertDialog.Builder(this);
dlg.SetTitle("タイトル");
dlg.SetMessage("メッセージ");
dlg.SetPositiveButton( //OKボタンの処理
    "OK", (s, a) => Toast.MakeText(this, "OK", ToastLength.Short).Show());
dlg.SetNegativeButton( //Cancelボタンの処理
    "Cancel", (s, a) => Toast.MakeText(this, "Cancel", ToastLength.Short).Show());
dlg.Create().Show();


2 リスト表示ダイアログ

002
先ほどのAlertDialog.Builderで、今度は、SetMessageの代わりに、SetItemsを使いました。
SetItemsでは、同時にイベントも記述します。
itemsをSystem.String[]で指定できるのは、地味に嬉しいです。基本的なオブジェクトで、使い慣れたDotNETのものが使えるのは、Xamarinの大きな魅力です。

調子に乗って、SetMessageとSetItemsを両方指定してみたら、まともに動きませんでしたw

var items = new[] { "item1", "item2", "item3" };
var dlg = new AlertDialog.Builder(this);
dlg.SetTitle("タイトル");
dlg.SetItems(
    items,
    // リスト選択時の処理
    //DialogClickEventArgs a.Which = 選択されたアイテムのインデックス
    (s, a) => Toast.MakeText(this,items[a.Which],ToastLength.Short).Show());
dlg.Create().Show();

3 チェック表示ダイアログ

003

SetPositiveButtonによる、OKボタン押下時のイベントでは、全チェック状態の取得ができなさそうなので、チェック状態変化のイベントで、逐次、chk[a.Which] = a.IsChecked;などとして記録しておく必要があるのか・・・も?


var items = new[] { "item1", "item2", "item3" }; //アイテム
var chk = new[] { true, false, false };//チェック状態(初期化用)
var dlg = new AlertDialog.Builder(this);
dlg.SetTitle("タイトル");
dlg.SetMultiChoiceItems(
    items, chk,
    //チェック状態変更時の処理
    //a.IsChecked チェック状態(変化後の状態)a.Which インデックス
    (s, a) =>chk[a.Which] = a.IsChecked);
dlg.SetPositiveButton("OK",
    (s, e) =>{ //OK選択時の処理 
});
dlg.Create().Show();

4 プログレスダイアログ

004

無題

SetProgressStyleで、ProgressDialogStyle.HorizontalとProgressDialogStyle.Spinner(ぐるぐる回転するやつ)の2種類が指定できます。

下記のサンプルは、クラスグローバルな変数(private ProgressDialog _dlg;)を使用しています。


_dlg = new ProgressDialog(this);
_dlg.SetTitle("スレッド実行中");
_dlg.SetMessage("しばらくお待ちください。");
_dlg.Indeterminate = false;
_dlg.SetProgressStyle(ProgressDialogStyle.Horizontal);
_dlg.Max = 100; // 最大値
_dlg.IncrementProgressBy(0); // 初期値
_dlg.Show();

// スレッド生成・実行
new System.Threading.Thread(new System.Threading.ThreadStart(() => {
    for (var i = 0; i < 100; i++){
        System.Threading.Thread.Sleep(100);
        _dlg.Progress+
    }
    _dlg.Dismiss(); // 実行中ダイアログを閉じる
})).Start();

5 日付選択ダイアログ

005

データ取得がSystem.DateTimeなのが嬉しい。
日付処理のライブラリって、言語ごと微妙に違っていて、いろいろ調べるのが手間なのです。
.NETでそのまま書けるメリットは、個人的には大きいです。


var d = DateTime.Now;// 現在の日付を取得
var dlg = new DatePickerDialog(this,
    (e, a) =>{
       //set(設定)ボタンクリック時の処理
       // System.DateTime : a.Date
    },
    d.Year, d.Month, d.Day);
dlg.Show();


6 時間選択ダイアログ

006
こちらのデータ取得はSystem.DateTimeではありません。
a.HourOfDay(時) a.Minute(分)で取得します。


const int hour = 10;
const int minute = 10;
var dlg = new TimePickerDialog(this,
    (e, a) => {
        //set(設定)ボタンクリック時の処理
        //a.HourOfDay a.Minute
    }, hour, minute, true);
dlg.Show();


7 カスタムダイアログ

007

AlertDialog.BuilderのSetViewに、自前で用意したビューを指定することでカスタムなダイアログが表示できます。


//ビュー作成
var layout = new LinearLayout(this) { Orientation = Orientation.Vertical };
layout.SetGravity(GravityFlags.Left);
var textUser = new EditText(this);
var textPass = new EditText(this);
layout.AddView(new TextView(this) { Text = "ユーザ名" });
layout.AddView(textUser);
layout.AddView(new TextView(this) { Text = "パスワード" });
layout.AddView(textPass);

var dlg = new AlertDialog.Builder(this);
dlg.SetTitle("タイトル");
dlg.SetView(layout); //<=作成したビューを指定
dlg.SetPositiveButton("OK", (s, a) =>Toast.MakeText(this,String.Format("{0}:{1}",textUser.Text,textPass.Text),ToastLength.Short).Show());
dlg.Create().Show();

ビューは、axmlで作成したものも利用可ですが、この場合は、axml内のポインタの取得にも配慮が必要になります。


var layout = LayoutInflater.Inflate(Resource.Layout.view1, null);

var dlg = new AlertDialog.Builder(this);
dlg.SetTitle("タイトル");
dlg.SetView(layout); //<=axmlで指定したビューを指定
dlg.SetPositiveButton("OK", (s, a) =>{
     //axml内のビューへのポインタの取得
   var editText = layout.FindViewById<EditText>(Resource.Id.editText1);
});
dlg.Create().Show();

【 Xamarin 記事一覧 】