読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIN@SAPPOROWORKSの覚書

C#を中心に、夜な夜な試行錯誤したコードの記録です。

Xamarin.Forms ListViewのコンテキストアクション

【 Xamarin 記事一覧 】

Context Actions

Xamarin.Forms 1.3において、ListViewにコンテキストアクションの機能が追加されました。
Android及びWindowsPhoneにおいては、長押し、iOSの場合は、左にスライドすることによって、メニューが出現します。

iOS Android WindowsPhone
f:id:furuya02:20150227062721p:plain:w200 f:id:furuya02:20150227062727p:plain:w200 f:id:furuya02:20150227062731p:plain:w200

※外観は、プラットフォームごとかなり違います。

public class App : Application{
    public App(){
        MainPage = new MyPage();
    }

    //・・・省略・・・
}

class MyPage : ContentPage {
    public MyPage() {
        var listView = new ListView() {
            ItemsSource = Enumerable.Range(0,10).Select(n=>"item-"+n),
            ItemTemplate = new DataTemplate(() => new MyCell(this))
        };
        Padding = new Thickness(0,Device.OnPlatform(20,0,0),0,0);
        Content = listView;
    }

    public async void Action(string str) {
        await DisplayAlert("Action", str, "OK");
    }
}

セルのテンプレート

Context Actionsを使用するには、必ず、DataTemplateを自前で用意する必要があります。

ViewCellを継承したテンプレートを作成し、ContextActionsプロパティにMenuItemを追加することでメニューが生成されます。

MenuItemは、Text若しくはIconが表示可能なように見えますが、今のところIconの表示はできませんでした。

iOSにおいて、スライドした部分の背景色は固定(グレー)であり、IsDestructiveをtrueにした時、赤色になります。

DataTemplateは、下記のように、typedefでクラスの型を指定するだけで生成が可能ですが、本サンプルでは、DataTemplate親クラス(MyPage)へのポインタをテンプレートクラスに送るために、わざとMyCellのインスタンスをnewしています。
ItemTemplate = new DataTemplate(typedef(MyCell))

class MyCell : ViewCell {
    public MyCell(MyPage myPage) {

        //テキスト表示用のラベル
        var label = new Label {
            VerticalOptions = LayoutOptions.CenterAndExpand
        };
        label.SetBinding(Label.TextProperty,new Binding("."));//ItemSourceのテキストを表示する
        
        //1つ目のメニュー
        var deleteAction = new MenuItem {
            Text = "Delete",
            Command = new Command( p=>myPage.Action("delete "+ p)),//Commandにセットすることでイベントを取得
            IsDestructive = true, //背景赤色
        }; 
        deleteAction.SetBinding(MenuItem.CommandParameterProperty, new Binding("."));//コマンド実行時のパラメータに表示テキストを使用する
        ContextActions.Add(deleteAction);

        //2つ目のメニュー
        var moreAction = new MenuItem{
            Text = "More",
        };
        moreAction.SetBinding(MenuItem.CommandParameterProperty, new Binding("."));//コマンド実行時のパラメータに表示テキストを使用する
        moreAction.Clicked += (s, e) => { //Clickedによりイベントを取得
            myPage.Action("more " + ((MenuItem)s).CommandParameter);
        };
        ContextActions.Add(moreAction);

        View = new StackLayout{
            Padding = 10,
            Children = {label}
        };
    }
}


アクション

f:id:furuya02:20150227063330p:plain:w200f:id:furuya02:20150227063335p:plain:w200

MenuItemのCommandプロパティ、若しくは、Clickedイベントを処理することで、アクションが記述できます。

先のサンプルコードでは、1つ目が、Commandによるもの、そして2つ目が、Clickedを使用した場合の例になっています。




【 Xamarin 記事一覧 】