読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIN@SAPPOROWORKSの覚書

C#を中心に、夜な夜な試行錯誤したコードの記録です。

【XamarinによるiOS超入門 】 ボタン ( UIButton )

【 Xamarin 記事一覧 】 【XamarinによるiOS超入門 】


1 コントロールの配置

f:id:furuya02:20150108105745p:plain:w150:left
ボタン(UIButton)を配置する基本的なコードは次のとおりです。

FromTypeによってシステムタイプのボタンを生成し、タイトルを「OK」としています。
また、表示位置は、View.Boundsで画面のサイズを取得し、そこから画面中央の領域を計算しています。

public override void ViewDidLoad() {
    base.ViewDidLoad();

    const int width = 100; //ボタンの幅
    const int height = 40; //ボタンの高さ
    //ボタンの生成
    var button = UIButton.FromType(UIButtonType.System);
    //画面の中央に配置
    button.Frame = new CGRect((View.Bounds.Width - width)/2, (View.Bounds.Height - height)/2, width, height);
    //ボタンの表示文字を設定
    button.SetTitle("OK", UIControlState.Normal);
    //ビューに追加
    View.AddSubview(button);
}

2 ボタンタイプ

UIButton.FromType()でボタンを生成する際に使用できるタイプは、次の7種類です。
(※iOS7以降では、ボタンの枠線を表示しないため、RoundedRectは使用されなくなりました。)

f:id:furuya02:20150108105810p:plain

UIButtonType.Custom  // カスタム
UIButtonType.System  // システム
UIButtonType.RoundedRect  // 角丸の枠線
UIButtonType.InfoDark  // 情報(暗いイメージ)
UIButtonType.InfoLight  // 情報(明るいイメージ)
UIButtonType.DetailDisclosure  // 詳細
UIButtonType.ContactAdd  // 追加

ストーリーボードを使用している場合は、プロパティ「Type」で指定します。
f:id:furuya02:20150108105808p:plain

InfoDark/InfoLight/DetailDisclosure/ContactAdd を選択した場合、規定のアイコンが決まっており、これを変更することはできません。アイコンが自由に変更できるのはCustomだけです。
(※iOS7では、InfoDark/InfoLightとDetailDisclosureは、アイコンが同じになっています。)

iOS6 iOS7
f:id:furuya02:20150108105819p:plain:w200 f:id:furuya02:20150108105826p:plain:w200

3 外観

ボタンの外観は、いくつかのメソッドで設定できます。
f:id:furuya02:20150109032913p:plain

プロパティで設定するなら、次のような感じです。
f:id:furuya02:20150109032918p:plain

4 タイトル

SetTitle()でタイトル文字を指定できます。第2パラメータには、後述するステータスの指定が必要です。

//ボタンの通常時の表示文字を「OK」に設定する
button.SetTitle("OK", UIControlState.Normal);

ストーリーボードを使用している場合は、プロパティの「Title」で指定します。
f:id:furuya02:20150108105835p:plain

5 ステータス

ボタンのステータスには、下記の6種類があります。
f:id:furuya02:20150108105844p:plain

UIControlState.Normal // 通常
UIControlState.Application 
UIControlState.Disabled // 無効
UIControlState.Highlighted //ハイライト(タッチ中)
UIControlState.Reserved
UIControlState.Selected // 選択中

※プロパティから選択できる項目は、コードによる場合とちょっと相違が合ります。
f:id:furuya02:20150108105846p:plain

SetTitle(タイトル)SetTitleColor(文字の色)SetImage(画像)などを設定する場合、第2パラメータにこのステータスを指定し、ステータスごとの設定を行います。
(特定の状態の設定が無い場合は、Normal(Default)で指定されたものが使用されます)

下記のコードは、タッチの間だけタイトルをTouch(赤色)に変更させたものです。

//ボタンの通常時の表示文字を「OK」に設定する
button.SetTitle("OK", UIControlState.Normal);
//タッチしている間の表示文字を「Touch」テキスト色を赤に設定する
button.SetTitle("Touch", UIControlState.Highlighted);
button.SetTitleColor(UIColor.Red,UIControlState.Highlighted);

f:id:furuya02:20150108105856p:plain


6 画像付のボタン

UIButtonType.Customでボタンを生成して、SetImage()で画像を設定します。
タイトルがない場合は、画像のみのボタンとなり、タイトルがある場合は、タイトルの左側に画像が配置されます。
デフォルトでは、画像とタイトルの間のスペースがないため、ここに余白を取りたい場合は、TitleEdgeInsetsを使用します。

const int width = 150; //ボタンの幅
const int height = 40; //ボタンの高さ
//ボタンの生成
var button = UIButton.FromType(UIButtonType.Custom);
//画面の中央に配置
button.Frame = new CGRect((View.Bounds.Width - width) / 2, (View.Bounds.Height - height) / 2, width, height);
//イメージ
button.SetImage(UIImage.FromFile ("Icon-29.png"), UIControlState.Normal);
//タイトル
button.SetTitle("Button", UIControlState.Normal);
//タイトルの色
button.SetTitleColor(UIColor.Blue,UIControlState.Normal);
//イメージとタイトルの間にスペースを取る
button.TitleEdgeInsets = new UIEdgeInsets(0,20, 0, 0);

f:id:furuya02:20150109035409p:plain

7 イベント

ボタンは、次のようなイベントが処理できます。
f:id:furuya02:20150109040913p:plain
プロパティから設定する場合
f:id:furuya02:20150109040528p:plain

ボタンの場合は、通常、これにタッチしたイベントをとる事になるでしょう。

button.TouchUpInside += (sender, args) => {
    //処理をここに記述する
};


8 参考にさせて頂いたページ

UIKit User Interface Catalog: Buttons
iOS 7 から始める UIKit 入門 コントロール編 #2 Button | Developers.IO
iOSヒューマンインターフェイスガイドライン: コントロール部品
[Swift] UIButtonでテキストを装飾する╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! - Qiita
EZ-NET: iOS 7 では標準ボタンの画像が tintColor で塗りつぶされる : iPhone プログラミング




【 Xamarin 記事一覧 】 【XamarinによるiOS超入門 】